選び方

金融機関の様々な優遇

ローン会社や銀行などの金融機関は、実をいうと色々な優遇をすることがあるのです。この優遇も、実はどこの金融機関でローンを組むのかを決める際に、非常に役に立つ要素になるのです。

 

同じサービスのローンを契約するのであれば、少しでも安い方が良いのは言うまでもないですが、この優遇のことを知っているかどうかだけで、ローンを組む上で非常に得をするのです。

 

では、金融機関の優遇ですが、一体どのように考えれば良いでしょうか。

 

まず、金利の優遇について考えてみます。これまでに学んでいるように、金利は0.1パーセントでも安い方が理想的です。

 

このような視点に立ってローンを選ぶのは、ローン初心者の方にとっては、若干難しいかもしれませんが、慣れてくれば楽しみながら検討することができます。

 

金利が高くなったところで、質の高いサービスを受けられるわけではないので、高金利のローン商品を選ばないといけないということはないのです。

 

次に、ローンを申し込みたいと思っている金融機関で、色々な商品に関して特典をつけていないかチェックしてみます。例えばですが、ある金融機関で多目的のフリーローンを申し込んだとします。

 

その場合、単に多目的ローンだけで終わってしまうのではなく、他の金融商品、例えばですが、住宅ローンの金利を低めに設定するとか、あるいは銀行のATMを利用する際の手数料を無料にするとか、そのような待遇も存在するのです。

 

時間外手数料もなかなか侮れない存在なので、これで優遇されるのは嬉しいことです。

 

 

返済可能な金利

ローン会社を決める際、金利はネックになります。というのも、無金利で済む期間が何かしら設けられてい場合はまだしも、金利を支払った上でローンを利用するのは、極めて普通のことだからです。

 

そうなると、金利のこともきちんと考えた上で、ローン会社を選ぶことを、きちんと実践したいものです。では、金利については、どのように見極めていけば良いでしょうか。

 

これについては、返済が可能かどうかを意識するのです。もし金利が高いがために、将来的に返済に支障を及ぼすと考えられるなら、金利の安い金融機関を選択する方が良いのです。

 

最近の傾向では、どんなに高くても年利で約20パーセントぐらいですが、この数値を考えてみても、金利を軽視することはできないのです。実際にローンを利用する際、この金利のことを全く考えないでローンの申し込みや契約をしてしまう人も居るのですが、これは決して賢い利用とは言えません。

 

こんなことをしても、後々金利が高くかかることは、目に見えているのです。では、金利について検討する際は、どんな心がけが必要でしょうか。この際に気をつけたいのは、月利に惑わされないことです。

 

月利だけ見ると、1パーセント台ですから、どこか安い金利というイメージがあります。しかし、安く見えるのはあくまでも月利で示している数値のみであって、完済までにいくらの金利を支払わないといけないのか計算してみることも必要なのです。

 

もちろん、返済では金利のみならず元金もかかりますから、これもきちんと考慮した上で、どこの金融機関から借り入れをするのか決めていくのです。そして、どのタイミングでどれだけの金利がかかるのかを計算してみることも、返済可能な金利かどうかを見極めるためのポイントになるのです。