ノンバンクって何?

よくノンバンク融資といった言葉を耳にしますが、ノンバンクってどういう意味なのか?意外と知られていないんですよね。そこで、ノンバンクとはいったいどういう意味なのか調べてみました。

 

ノンバンクとは?

預金業務を行わず、銀行からの融資などによって調達した資金で与信業務を行う機関。銀行は免許制であるのに対し、ノンバンクは貸金業規制法に基づく登録制で開業できる。消費者金融、クレジット会社、信販会社などがこれにあたる。

 

との事みたいです。簡単に言えば、銀行は融資だけでなく預金(貯金)する事も可能となっていますが、ノンバンクは融資のみの業務形態となっています。お金を預ける事が出来ないという事ですね。

 

すなわち、消費者金融やクレジット会社など融資を業務形態としている貸金業者は全てノンバクンクといったジャンルに含まれます。ノンバンクと聞くと銀行と同じような感じと思いがちですが、実際はちょっとした違いがあるんですよ。

 

ノンバンクのメリットは?

では、ノンバンクのメリットはいったい何なのか?と疑問に思いますよね。銀行の場合は、融資を受ける事もできお金を預ける事も出来る。でもノンバンクの場合は、融資のみしか受ける事が出来ません。

 

そう考えると、サービス内容の良い銀行を利用する方が絶対的に良いような気がしますよね。銀行は知名度的にも間違いなく安心して利用できるだろうし。

 

でも、もちろん消費者金融やクレジット会社などのノンバンクにもメリットはあります。それは、銀行と比べて融資を受けやすといった点でしょう。どういう事かと言えば、銀行の場合は審査が厳しく融資まで時間が長くかかってしまう事があります。

 

そのてん、ノンバンクは審査時間が早く融資までの時間が早いので、急ぎでお金が必要な時などは大変便利です。申込みから審査・借入までスピーディーに利用する事が出来、最短だと申込み即日中の融資も可能となっています。

 

 

ノンバンクのデメリットは?

逆にノンバンクのデメリットはどういった事があるのか?それはまず、銀行と違い総量規制といった法規制対象といった事だと思います。総量規制とは、個人の借入が年収の3分の1までしか借りれないといった規制法となっています。

 

すなわち、収入の無い専業主婦の方などはノンバンクを利用する事が出来なくなっているんです。詳しくはこちら・・・http://xn--t8jm0a4pf4b9772b4hcu40u.jp/

 

その点、銀行の場合は総量規制対象外となっているので、年収の縛りも無いですし、専業主婦の方でも利用する事が出来るようになっているんです。

 

また、金利が銀行に比べて若干高くなっている場合があります。審査の簡素化や貸出スピードが速い変わりに、銀行よりかは金利が高いと思っておくといいでしょう。